小さい事だけど大事な絆

お散歩中、旅行、帰省中の皆様へ
わんこにリードをつける事を、1-2歳の子供と手を繋ぐと言うように考えてみて下さい。
中には、「苦しそう」「自由じゃない」って言われる方居ますが、小さい子供の手離しますか?
「大切だから離さない。」ですよね?

皆さん、リード無しで、飼い主に犬がついてくる事を、自慢する方を決して「褒めない」で下さい。「お利口さんですね〜」とか「凄いですね〜」とか。
お利口かも知れないけど、安全では無いんです。
突発的な事故を危険回避出来るのは、飼い主さんだけです。
車が突っ込んでくるかも知れないし、カミナリや花火など大きな音に、反射して事故に遭う子が沢山居ます。
なんども悲しい思いをする飼い主さんを見てきました。
手を繋ぐ。それは、親と子、家族にとっての大切な絆です。離したら終わりです。
犬は4つ足、手は繋げないけど、リードがその役目してくれます。
リードが張り詰め無いように、歩けるようになれば、苦しく無いです。人間でもチョーカーするでしょ?(笑)首にスカーフ巻きますよね。
リードが張らずに歩ける事を是非、褒めてあげてください。(^.^)
仲良く、並んでみんなが歩けますように。

地球の仲間たちと一緒に暮らそう計画!「人も動物どこが違うんじゃーい」

人間だけが何か特別に思ってませんか?犬だって猫だって人間だってみんな同じ。日常の出来事を、ちょこっとまゆまゆ風に解説しながら気ままに更新いたします